誰にも言えない悩み。乳首の黒ずみ?嫌ですよね?

黒ずみ

 

乳首が黒い女性は遊んでいる人が多いと聞いたことがありませんか?私も言われた事ありますが違います。乳首が黒いことで自信が持てなかったり、悩んだりする方がいますし私もそうでしたが、乳首の黒ずみと経験人数には何の関係もありませんよ。乳首が黒ずんでしまうのには体のメカニズムからなるいくつかの理由があります。生まれつきや加齢により黒くなります。乳首の黒ずみの原因

 

のひとつには、生まれつき、皮膚が黒いかったりしろかったりします。それと同じように、乳首もピンク色だったり黒っぽいかったりします。つまり経験がうんぬんではなく、乳首の色は、生まれつきのメラニン色素の量により、もともと決まってしまっているので自分のせいではありません。また、生まれつき肌が黒いのは、メラニン色素の生成も多いため、乳首も黒い人が多いです。あとは紫外線ですね。紫外線を乳首に受けないから関係ない、と思ってしまいますが、服の上からも乳首も紫外線を浴びています。そのように普通に生活する上で何気なく知らず知らずのうちにメラニン生成を助けてしまって?場合があるので注意が必要です。私は専用クリームで辛抱強くやってます。少しずつですが私の場合は効果ありました。あとは代謝を高めるのも良いみたいです。

 

乳首の黒ずみで本気で悩んだ事ありませんか

普段人に見せるものではないけれど気になってしまうのが乳首の色です。風呂に入る度に気になる方も多いとおもいます。ピンクの乳首に憧れがあるのものです。「乳首の黒ずみが凄く気になる…」と。また黒いと言われショック受けたいう方も多いはずです。その理由を知れば乳首の黒ずみが解消されます。乳首が黒ずむきっかけはストレスや出産によるホルモンバランスの変化。授乳や摩擦などの刺激などがありますし生まれつきのメラニン生成量の関係もあります。2大女性ホルモンと言えるエストロゲンとプロゲステロン。このホルモン2つがメラニン色素の色素細胞を刺激する働きを持っています。色素細胞を刺激されるとメラニン色素が多く生成されます。そして、黒ずみケア・メラニンの有効成分がルミキシルペプチド、ハイドロキノン、トレチノイン酸です。アメリカでは医薬品として認められている成分であり、現在日本の皮膚科でもクリームとして処方されています。濃度により医師の処方がないと入手できないものもあります。市販されている化粧品でも濃度が低いもの(2%以下)であれば手に入ります。ひとつでは肌に浸透力が弱く、黒ずみの治療では、トレチノインと合わせて使われています。ハイドロキノンは肌の漂白剤です。黒ずみの予防だけでなく、黒ずみに対しても効果が高いものですが、副作用があります。副作用として代表的なのは、白斑、肌の赤みやかぶれ、アレルギー症状などです。ハイドロキノンは強力な分、使い方を誤ってしまうと危険もがある成分ですから必ず医師の指導のもと使用してくださいね。